コンテンツにスキップ

子犬のためのコロナウイルスワクチン

イヌのコロナウイルスに最も影響を受けるのは、免疫系と消化器系の発達が欠如しているため、主に生後3か月までの子犬です。イヌのコロナウイルスは、慢性化しない急性の自己制限感染を引き起こします。ウイルスは糞によって排出され、その感染は口と糞の接触を介して行われます。

ウイルスを孵化させてから24〜36時間以内に、子犬は発熱、嘔吐、振戦、下痢、食欲不振、脱水症、便中の血液や粘液などの最初の症状を示し始める場合があります。

子犬のためのコロナウイルスワクチン

イヌのワクチンが多価であることは非常に一般的です。つまり、ワクチンはさまざまなウイルスや病気に対する免疫を提供します。イヌのコロナウイルスの場合、これらをこのウイルスから保護するワクチンはOctovalentであり、 ジステンパー、アデノウイルス1および2(肝炎および犬小屋の咳)、レプトスピラ症、パルボウイルス、パラインフルエンザを引き起こす2つの株。

ja日本語